【2021年】人気WordPress 無料・有料テーマ比較

有料テーマSWELLと無料テーマCocoonの違いを比較

wordpressブログの始め方

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

セルフバックでお得に商品やサービスも申し込める

\アフィリエイト広告を始めるなら/

A8.netに無料で登録

収益ブログを作るためにWordPressテーマの選択は重要です。

そこで何を選択するかに迷うと思いますし、有料テーマも気になると思います。

ブログ初心者がよく悩むのが話題のSWELLと無料のCocoonです。

この記事では2つのWordPressテーマの違いを比較します。

有料テーマSWELLと無料テーマCocoonを比較

わーぷれ
わーぷれ

結論ですが、WordPress初心者は無料テーマのCocoonから始めましょう。

WordPressブログを始めるなら、無料テーマのCocoonをまず使ってみましょう。

もちろん無料で使えます。

レンタルサーバーConoHa WINGを使えばはじめからCocoonテーマをインストールできる機能があります。

この機能があるレンタルサーバーは今のところConoHa WINGしかありません。

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

Cocoonの特徴

Cocoon

Cocoonは無料で使えるのに機能が豊富でクオリティーも高いです。

WordPress無料テーマCocoon
  • 完全無料で使える(ドネーションあり)
  • ブロックエディタ対応
  • スキンテーマを変更することでさまざまなデザインに一瞬で変更可能
  • モバイルファースト・レスポンシブ
  • 内部SEO施策済み
  • 広告表示やアフィリエイト広告の表示設定ができる
  • 目次・吹き出しなども標準装備されている
  • 表示速度が速い
  • 目次がプラグインなしで使える
  • アクセス数の管理がブログでできる

デメリットは、スキンがたくさんありすぎてブログデザインに迷ってしまうところでしょう。

スキンはたくさんありますが、デザインが良いというわけでもないところが問題です。

ブログ初心者はデザイン面にはこだわらずにシンプルなデザインで始めることをおすすめします。

結果的にユーザーにとって見やすいブログになります。

設定項目がたくさんあるのも使い方を迷うところですが、これは各設定の意味を覚えて慣れるしかありません。

ブログ初心者はまずはCocoonでWordPressで何ができるかを知りましょう。

Cocoonで10記事ほど書いて見て使いづらいと感じてから有料テーマの購入を検討しても遅くはないです。

Cocoonの評判|ワードプレス初心者におすすめの無料テーマCocoon

SWELLの特徴

SWELL

SWELLは有料テーマの中では17,600円(税込)と値段が高めですが、それ相当の価値があります。

WordPress有料テーマSWELL
  • SWELLはGPL100%テーマでライセンス制限なし
  • 複数サイトで利用可能
  • 乗り換えサポートプラグインがあり他テーマからの切り替えの負担を軽減
  • 洗練されたデザイン
  • 使いやすいブロックエディタ
  • WordPress高速化に専門家のスキルシェアさんが協力

値段のことが気にならないならSWELLテーマは非常におすすめです。

ブロックエディタの使いやすさはブロックエディタ対応WordPressテーマでは上位に入ります。

WordPress高速化の専門家・スキルシェアさんが高速化に協力したことにより、高速化への取り組みも以前よりも充実しています。

SEELLユーザーからも好評で、信頼度もかなりあるWordPressテーマです。

SWELLは、購入しても満足度の高いWordPress有料テーマです。

まとめ 有料テーマSWELLと無料テーマCocoonの違いを比較

SWELLとCocoonの大きな違いは有料か無料かというところです。

WordPressブログが全くの初心者ならまずは無料のCocoonを使ってみましょう。

使いにくいとか機能に不満があれば有料テーマの購入を検討しましょう。

はじめから有料テーマを購入するのは失敗の元です。

WordPressテーマ無料・有料おすすめWordPressテーマおすすめ6選|無料3つ有料3つ

WordPressブログの始め方

わーぷれ
わーぷれ

WordPressブログを始めるならConoHa WINGがおすすめです。

中の人
中の人

当ブログもConoHa WINGSANGOテーマを使用しています。

SANGOテーマの評価
総合評価
 (4.5)
ブロックエディタの使いやすさ
 (4)
高速化設定
 (4)
Google広告設定のしやすさ
 (4)
開発頻度
 (5)
お得感
 (5)

ConoHa WINGの特徴とキャンペーン

  • 初期費用無料
  • 申し込み月は無料(つまり月初に契約するとお得)
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

WordPressの有料テーマ「SANGO」は、公式サイトから購入する方法と、レンタルサーバーConoHa WINGのオプションとして購入する方法の2種類があります。

SANGO公式サイトConoHa WINGで購入
11,000円(税込)9,900円(税込)1,100円お得
「BOOTH」pixiv IDが必要》ConoHa WINGで割引購入

レンタルサーバーConoHa WING キャンペーン詳細

WordPressが使いやすいレンタルサーバー ConoHa WING

  1. ConoHa WINGの評判|7つのメリットと他社にないキャンペーン
  2. 【10分で完了】ConoHaのWordPressかんたんセットアップでブログを始める手順
  3. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  4. ConoHa WINGの障害は多い?正直な感想とデメリット|よくあるエラー・障害
  5. ConoHa WINGパックを確実に解約できる手順をていねいに解説
  6. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ

WordPressテーマ SANGOの使い方

  1. SANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  5. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  6. 【ブログで月3万円稼ぐ】SANGOテーマを使ってを収益ブログを作った方法
  7. SANGO・AFFINGER・SWELLの比較レビュー |買うならこれ