人気テーマ TOP3にSANGOが!1位は?

SWELL・SANGO・AFFINGERの比較レビュー |買うならこれ

SWELLテーマ 比較

  • WordPressテーマ SWELLはおすすめ?
  • SWELLを買おうか迷っているからアドバイスが欲しい
  • SWELLテーマのデメリットも知りたい
  • AFFINGERやSANGOの評価も気になる

こんな人はこの記事を参考にしてください。

中の人
中の人

WordPress有料テーマの購入を考えている人は、ブロックエディタ対応の人気テーマ『SWELL』『SANGO』『AFFINGER6』のどれかで迷うと思います。

どれを購入しても間違いないテーマなので、どの機能が使いたいのか?どのテーマのデザインが気に入っているのかで選べば間違いないです。

ブロックエディタにいちはやく完全対応したWordPressテーマ「SWELL」は、ブログ初心者やブロックエディタでブログを書きたい人に人気があります。

WordPressテーマ「SWELL」の魅力やデメリットについてもお伝えします。

SWELL公式サイトをみる

》SWELLのデモサイト・詳細を見る

SWELLスウェルテーマ 評価レビュー

SWELLテーマはこんな人におすすめ

  1. はじめて有料テーマを購入する
  2. ブロックエディタで快適にブログを書きたい
  3. 洗練されたデザインのWordPressブログにしたい
  4. 有料テーマを乗り換えたいけど楽に乗り換えたい
  5. デザイナーでクライアントに使っても問題ないWordPressテーマを探している
  6. 他テーマからの乗り換えサポート用プラグインがある
  7. 購入者限定のユーザーサポートフォーラムで情報が共有できる

SWELLは、ブロックエディタが使いやすいと口コミでも好評です。

デザインは洗練されていますし、ブロックエディタの装飾も豊富です。

SWELLスウェルの使い方・魅力的な機能

わーぷれ
わーぷれ

SWELLはグーテンベルク完全対応のWordPressテーマとして開発されて2019年から販売開始。

ブロックエディタでブログを書きたい人から大人気のテーマですにゃ。

ブロックエディタ対応はSANGOが完全対応、AFFINGERもブロックエディタに対応したので、ブロックエディタの書き心地だけならSWELLを選択する理由にはなりません。

SWELL独特の魅力を紹介します。

SWELLは100%GPL 複数サイト・第三者のサイトにも利用可能

SWELLは100%GPLになっており、複数サイトはもちろん、第三者のサイトにも利用可能です。

SWELLは個人ブログだけではなく、コーポレートサイトの構築にもよく使われています。

スッキリしたデザインが企業サイト構築にぴったりです。

どういうことかというと、例えばあなたがお友達のWordPressブログを作ってあげたとして、そこにSWELLを使うことができます。

あなたがWEBデザイナーの場合、クライアントのサイトにSWELLを使うことができます。

他の有料テーマにないSWELLの大きな特徴です。

memo

100%GPLとは、「PHP のコードのみではなく、その派生物に含まれる JavaScript・CSS・画像・音声ファイル・アイコン・フォントなどすべてのアセットに対して GPL または GPL 互換ライセンスを採用すること」

》「100% GPL」とは | WordPress.org 日本語

他テーマからの乗り換えサポートプラグイン

他のテーマから乗り換えたい人は、SWELLを使うと有料テーマ独自のコードを置き換えてくれるプラグインを使用することができます。

WordPressテーマ乗り換え時の記事修正の問題を軽減してくれます。

この機能だけでも少し高い料金の価値はあります

他テーマからの乗り換えサポートプラグイン
  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

旧テーマのショートコードやCSSを一部引き継いでくれます。

高速化・スクリプト遅延読み込み機能

SWELLが高速化に本格対応。

PSIスコアにウルサイ人も大満足の高機能になっています。(2022年4月時点)

プラグインを使えばSANGOでもAFFINGERでもSWELL同様の高速化は可能です。

WordPress 高速化WordPressを高速化PSIスコア改善 アドセンス広告対策|速度計測を100点に近づける6つの対策
MEMO

WordPressの表示速度結果は、使っているレンタルサーバーやWordPressの構築方法、記事のボリュームや画像数や埋め込みなどで大きく変わります。

SWELLテーマを使えば高速表示できるとは思わない方がよいでしょう。

SWELLテーマのデメリット

SWELLにデメリットはほとんどないと言いたいところですが、厳しい目で見たところいくつかのデメリットがあります。

  • 価格が高い
  • ベースの配色が暗くて冷たい印象がある

SWELLテーマの配色が微妙

SWELLはシンプルでクールなデザインが特徴です。

悪くいうと印象に残らない配色になってしまいがちです。

上手にカスタマイズしている例もあるので、気になる人はSWELLユーザーを検索してみてください。

当ブログトップページ

手前味噌ですが、当ブログはSANGOのデフォルトカラー「ブルー」を基調にミント色や赤系の差し色を少しだけ使っています。

見た瞬間 キュンとするような配色にしています。

SANGOはシンプルで親近感のあるブログデザインを仕上げやすいです。

「ブログがイマイチ好評じゃないかも」って感じたら、ブログの配色バランスが崩れていないかを客観的に確認してみてください。

SWELLは価格が高い

SWELLは有料テーマの中では高額の部類です。

サポートフォーラムがあったり、乗り換えサポートプラグインなど、他にはないメリットが用意されているので、値段相応かと思います。

SWELLを購入する場合、高速化に有料プラグインを導入するなどした方がよいので、別途予算を考えておくことをおすすめします。

MEMO

多少予算がかかってもスッキリした使いやすいデザインが出来上がるWordPressを作りたい人はSWELLがおすすめです。

SWELLはその他の有料テーマにない『ABテストブロック』や『スクリプト遅延読み込み機能』などがあるので、数千円値段が高いのは納得です。

配色の設定方法についてはこちらを参考にしてください。

SWELLは魅力的だけど値段が高いと思う人はSANGOテーマをチェックしてみてください。

1万円以内で書き心地のいいWordPressテーマを購入できます。

わーぷれ
わーぷれ

SWELLがよさそうだけど値段で迷う・・・

SANGOなら半額ぐらいの値段で買えてしまう

そんなときにSANGOがブロックエディタに完全対応したので、スッと購入しました。

SANGOはトップブロガーやエックスサーバーなどの企業ブログにも採用されている実用的な有料テーマ。

ブロックエディタに対応したことにより迷う余地がなくなりました。

SANGOテーマ メリット・デメリットWordPressテーマSANGOの評判レビュー ブログ初心者におすすめの理由

SWELLテーマ 料金

  • SWELLテーマ料金 17,600円(税込)
  • 決済方法 クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )
  • ライセンス SWELLはGPL100%テーマ、ライセンス制限なし、複数サイトで利用可能
中の人
中の人

SWELLの装飾が気に入っている人ならSWELLを購入しても後悔することはないでしょう。

ほかのテーマを購入して「やっぱりSWELLにすればよかった」なんて思わなくて済みます。

迷わずにSWELLを購入するのがおすすめです。

SWELLのデモサイトを見る

》SWELLのデモサイト・詳細を見る

WordPressテーマ SANGO・SWELL・AFFINGER 料金比較

SWELLAFFINGERSANGO
料金(税込)17,600円14,800円11,000円(9,900円)
複数利用◎◎
特典
表示速度
総評価
WordPress人気有料テーマ比較

「目次機能・遅延読み込み機能・乗り換えプラグイン」これらのメリットが不要ならばSWELL以外の有料テーマがおすすめです。

AFFINGERもSANGOも「目次機能・遅延読み込み機能」は無料プラグインを使えば速度も遅くならずに利用可能です。

わーぷれ
わーぷれ

SANGOを選んでおけばコスパが一番いいですにゃ。

CocoonとSWELLならどっちがおすすめ?

無料でWordPressを試したい人はCocoonから始めるのはおすすめです。

Cocoonを使いこなして収益を上げているブロガーさん、アフィリエイターさんも存在します。

そういう人に共通するのは、カスタマイズが自分でできる人です。

初心者さんではハードルが高いので、本格的にブログで収益化したいのであれば有料テーマを使うのがおすすめです。

はじめて使う有料テーマの選択肢に「SWELL」があってもいいと思います。

Cocoonの評判|ワードプレス初心者におすすめの無料テーマCocoon

SWELLとAFFINGERならどっちがおすすめ?

  • SWELLのデザインが気に入っているならSWELLがおすすめ
  • 収益化が目的ならAFFINGERがおすすめ

SWELLとAFFINGERの違いは、正直なところ僅差でしかないです。

収益化が目的なら、多くのブロガーが使っているAFFINGERにしておけば安心です。

SWELLテーマはアフィリエイトの仕組みが微妙

SWELLテーマをアフィリエイトすることはできる?
はい、できます。報酬額は税込2,500円です。

SWELLアフィリエイトに注力しても月に10件アフィリエイトできても25,000円にしかなりません。

AFFINGERだと10件アフィリエイトできると70,000円の報酬です。

AFFINGERの方が安いのに報酬額が高い、SWELLは販売額が高いのに報酬額が低い。

この差は大きいです。

AFFINGERの方がアフィリエイターに売上を還元する仕組みが取られています。

SWELLテーマのアフィリエイトで特典はもらえる?
いいえ、もらえません。
アフィリエイトする場合も特典をつけることは禁止されています。

SWELLテーマは残念ながら特典をつけて紹介することが禁止されています。

この点でもSWELLはアフィリエイトに不向きといえます。

SWELLは無料で使える?
SWELLは無料では使うことができません。
有料テーマSWELLの制作者が制作した無料WordPressテーマ「Arkhe」がSWELLに近いのでお試ししたい場合一度使ってみることをおすすめします。

まとめ SWELL・SANGO・AFFINGERの比較評価レビュー

2021年に入り、ブロックエディタの開発が進んだため、SWELLとSANGO・AFFINGERの差が僅差となりました。

比較検討するのが微妙ですよね。

より多くの機能を使いたいならSWELLを購入するのもアリかと思います。

ただ、大抵のことはAFFINGERやSANGOでもできるようになりました。

質もSWELLに劣りませんし、機能がシンプルな分、表示速度が速くなるといったメリットも(カスタム次第)。

総評すると「SWELL」の購入は微妙です。

「とにかくいい」なんて無責任なことも言えませんし、17,400円の出費は慎重に考えた方がいいと思います。

MEMO

WordPress有料テーマは一度購入してしまうと返金してもらえません。

安易に口コミに釣られて購入してしまわないように冷静に判断しましょう。

SWELL公式サイトをみる

》SWELLのデモサイト・詳細を見る

ほかにもWordPressブログについてわからないことがあれば、次の記事も参考にしてください。

  1. 趣味ブログと収益ブログの違い、稼がないなら日記ブログもおすすめ
  2. ブログ作成はどこがいい?無料ブログサービスおすすめ
  3. 雑記ブログと特化ブログのどっちでも収益化可能なので説明する
  4. WordPressが使える無料レンタルサーバーのデメリットと利用方法

WordPressブログの始め方

  1. WordPressとは?費用や料金・無料で使う方法
  2. 永年無料ドメインが2つ取得できるレンタルサーバー
  3. レンタルサーバー比較 おすすめ5選〜選び方8つのポイント
  4. エックスサーバーとConoHa WINGの比較|両方使ってわかった違い
  5. 【10分で完了】ConoHaWINGでワードプレスブログを始める手順
  6. 【悩まない】SEOに適切なWordPressのカテゴリ設定方法
  7. ブログの配色は心理学で考えると悩まない|カラーコード付き
  8. WordPressを高速化|速度計測を100点に近づける6つの対策
  9. WordPressプラグイン無料で使えるおすすめ8つ

WordPressテーマ

  1. WordPressテーマ無料3選+有料3選【シンプルなデザイン】
  2. Cocoonの評判|ワードプレス初心者におすすめの無料テーマCocoon
  3. 有料テーマSWELLと無料テーマCocoonの違いを比較
  4. WordPressテーマが1万円以内で買える安いおすすめテーマ
  5. AFFINGER6評価レビュー|使った感想やAFFINGER5との違い
  6. SANGO・SWELL・AFFINGERの比較レビュー |買うならこれ

SANGOテーマの使い方

  1. WordPressブログの人気テーマ SANGOの評判レビュー|ブログ初心者におすすめ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  5. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  6. SANGOのボックスメニューの使い方|記事後のナビゲーションを充実させまくる
  7. WordPressテーマSANGOでサルワカ風トップページを作る

WordPressテーマ SWELLの使い方

ConoHa WINGの始め方

  1. コノハウィングの評判 7つのメリットと使い方|ConoHaWING
  2. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  3. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ
  4. ConoHa WING(コノハウイング)の障害は多い?よくあるエラーや障害
  5. ConoHa WING コノハウイングパックを確実に解約できる手順を解説

》 レンタルサーバーConoHa(詳細をみる)

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。