【2021年】人気WordPress 無料・有料テーマ比較

SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

セルフバックでお得に商品やサービスも申し込める

\アフィリエイト広告を始めるなら/

A8.netに無料で登録

WordPress有料テーマ「SANGO」は、ブロックエディタに完全対応してからどんどん新しいブロックができています。

まとめるのが大変なくらいです。

トップページもカスタマイズしやすくなったので、その機能を紹介します。

SANGOテーマの使い方・カスタマイズ方法

この記事ではSANGOテーマの便利の使い方やカスタマイズ方法を紹介します。

SANGOは簡単にカスタマイズできるのがいいですね。

SANGOテーマのトップページカスタマイズ方法

当ブログでやっているSANGOテーマのトップページのカスタマイズ方法を紹介します。

そのまま真似るだけで当ブログのようになります。

SANGO ボックスメニューの設定方法

SANGOの新しいブロック機能に「ボックスメニュー」ができました。

アイコンがメニューになっているよくみる形のメニューです。

カスタマイザーを表示してサイドバーのウィジェットに「ボックスメニュー」を設定すればOKです。

アイコンは英語で検索しますので、あらかじめどんなアイコンにするかは決めておいた方がいいです。

色の設定も可能です。

SANGOのトップページに任意の記事を表示する方法

私の運営するSANGOを使ったブログでは、トップページにおすすめ記事を表示するようにしています。

タグを利用しておすすめ記事を作る手順を解説します。

「tag」を新規作成

トップページに表示したい記事をまとめる「tag」を作ります。

カテゴリではなくタグで設定しましょう。

名前はなんでもいいです。

例)名前:おすすめ記事 スラッグ:push or osusume など

表示したい記事に「tag」を設定

トップページに表示したい記事に先ほど設定したタグをつけていきます。

4記事〜6記事ぐらいがちょうど良いかと思います。

ウィジェットを設定

ウィジェット →「トップページ記事一覧上」に「カスタムHTML」を設定。

当ブログではこんな感じにしてます。

  • id=”タグのIDナンバーを入力”
  • num”記事数を入力”
<h3  style="color: #4f96f6"><i class="fas fa-bookmark"></i> おすすめ記事</h3>
[tagpost id="20" num="6" type="card"]
<h3 style="color: #81D0CB"><i class="fas fa-bookmark"></i> 新着記事一覧</h3>

記事を入れかえたい場合

記事を入れ替えたい場合は、ウィジェットはそのままで「おすすめ記事」にしたい記事にtagを付けるだけでOKです。

この方法でトップページに任意の記事を簡単に素早く表示できるようになります。

ぜひやってみてください。

SANGOのブロックエディタ一覧はこちらに用意しました。

SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル

まとめ SANGOテーマのトップページカスタム

簡単ですが、SANGOのカスタマイズ方法をまとめました。

またいい方法を見つけたらどんどん追記していきます。

WordPressブログの始め方

わーぷれ
わーぷれ

WordPressブログを始めるならConoHa WINGがおすすめです。

中の人
中の人

当ブログもConoHa WINGSANGOテーマを使用しています。

SANGOテーマの評価
総合評価
 (4.5)
ブロックエディタの使いやすさ
 (4)
高速化設定
 (4)
Google広告設定のしやすさ
 (4)
開発頻度
 (5)
お得感
 (5)

ConoHa WINGの特徴とキャンペーン

  • 初期費用無料
  • 申し込み月は無料(つまり月初に契約するとお得)
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

WordPressの有料テーマ「SANGO」は、公式サイトから購入する方法と、レンタルサーバーConoHa WINGのオプションとして購入する方法の2種類があります。

SANGO公式サイトConoHa WINGで購入
11,000円(税込)9,900円(税込)1,100円お得
「BOOTH」pixiv IDが必要》ConoHa WINGで割引購入

レンタルサーバーConoHa WING キャンペーン詳細

WordPressが使いやすいレンタルサーバー ConoHa WING

  1. ConoHa WINGの評判|7つのメリットと他社にないキャンペーン
  2. 【10分で完了】ConoHaのWordPressかんたんセットアップでブログを始める手順
  3. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  4. ConoHa WINGの障害は多い?正直な感想とデメリット|よくあるエラー・障害
  5. ConoHa WINGパックを確実に解約できる手順をていねいに解説
  6. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ

WordPressテーマ SANGOの使い方

  1. SANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  5. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  6. 【ブログで月3万円稼ぐ】SANGOテーマを使ってを収益ブログを作った方法
  7. SANGO・AFFINGER・SWELLの比較レビュー |買うならこれ