【2022年】人気WordPress 無料・有料テーマ比較

永年無料ドメインが2つ取得できるレンタルサーバー

永年無料・独自ドメインのおすすめポイントとデメリット

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

セルフバックでお得に商品やサービスも申し込める

\アフィリエイト広告を始めるなら/

A8.netに無料で登録

永年無料の独自ドメインは本当にお得なのか知りたい

永年無料独自ドメインのデメリットがあれば知りたい

独自ドメインが永年無料となる大胆なキャンペーンを行っています。

独自ドメインを取得してもレンタルサーバーを使い続けるかぎり、ず〜〜〜〜〜〜〜っと無料で使えます。

わーぷれ
わーぷれ

ほんとうにお得だにゃ すごい!

永年無料・独自ドメインのおすすめポイント

レンタルサーバーを使い続けるかぎりずっと無料で独自ドメインが使えます。

通常なら独自ドメイン取得費用(登録料金)、更新料金がかかります。

  • .com 登録料金 35円・更新料金 1,408円 10年運用で取得料金+14,080円
  • .net 登録料金 35円・更新料金 1,628円 10年運用で取得料金+16,280円

(料金は変動する場合があります)

この費用が無料になるのはかなりお得です。

わーぷれ
わーぷれ

まだレンタルサーバーを使ったことがない人は、独自ドメイン永年無料キャンペーンをしているレンタルサーバーを使うのがお得ですにゃ。

すでにレンタルサーバーを使っている人も、この機会にレンタルサーバーを乗り換えるのもおすすめです。

新規ドメインでブログをリニューアルしておくのもいいです。

永年無料・独自ドメインのおすすめポイントとデメリット

レンタルサーバーを乗り換えしたくなったら独自ドメインはどうなる?
サーバーを解約したり、通常料金へ変更した場合、翌年以降発生するドメインの更新費用は有料となる(ConoHa WING)

独自ドメイン永年無料の条件から外れてしまうと通常の更新料金の負担がかかります。

レンタルサーバーに大きなトラブルとかがない限り、サーバーを乗る変えることはないのであまり心配する必要はありません。

数年運用して育てた独自ドメインはドメインパワーも上がって、収益化がしやすい良いドメインになっているはずです。

memo

ドメインパワーとは、ドメインの強さを計測して数値化した目安です。

ネット上で無料で計測が可能です。

》パワーランクチェックツール

独自ドメイン永年無料キャンペーンを行なっているレンタルサーバーを比較しました。

参考にしてください。

個人向けレンタルサーバー おすすめ比較

ConoHa WING エックスサーバーロリポップ!
月額料金(ベーシック)
3ヶ月契約
1,210円/月
(X10プラン)
3ヶ月契約
1,320円/月
(ハイスピード)
3ヶ月契約
1,100円 /月
初期費用無料3,300円
(無料キャンペーンあり)
無料
お試し期間なし/初月無料10日間お試し無料10日間お試し無料
容量SSD 300GBSSD 300GBSSD 320GB
LiteSpeed
転送量目安27.0TB/月無制限900GB/日
WordPress◎(超簡単)◯(簡単)
MySQL無制限無制限無制限
SSL
ドメイン永年無料2つキャンペーンありあり(条件あり)

ConoHa WINGサーバーがいろんなメリットを用意しているから、ConoHa以外にしちゃうといろいろ損しちゃうんですよね。

レンタルサーバーの選び方レンタルサーバーおすすめ5選〜サーバーの選び方・8つのポイント

永年無料ドメインが2つ取得できるレンタルサーバー ConoHa WINGパック

永年無料ドメインが2つ取得できるレンタルサーバーはConoHa WINGパックです。

一時的なキャンペーンではなく、ずーっと永年無料ドメインが2つ取得できます。

今のところ日本国内で一番多いです。(2021年5月)

複数ドメインを運用するメリット

ConoHa WINGを利用している限りドメイン費用がずっと無料です。

ConoHa WINGで永年無料になるドメイン
  • 新規取得するドメイン
  • 移管するドメイン
  • ConoHaで取得済みのドメイン

1つめの無料独自ドメインLITE設定

新規取得するドメインはもちろん、すでに運用中で移管するドメインでも永年無料になります。

乗り換え運用もお得ですよね。

ドメインの影響力は取得したばかりの時はゼロです。

1つを1年運用して、1年後にまたひとつ、とゆっくり運用しているとそれだけドメインの成長に時間がかかります。

2つのドメインを同時に育てていくことで、ドメインを2つ育てていくことができます。

※取得できるドメインの種類は限られています。(以下)

ひとつ目のドメインは「.com」がおすすめ

「.com」ドメインはパッと見た感じの信頼性が高いですよね。

経験上、検索エンジンからの評価も高めだと思います。

2つめの無料独自ドメインLITE設定

2つめのドメインはドメインの種類が限られています。

2つ目のドメインの種類

お好きな種類のドメインをどうぞ。

わーぷれ
わーぷれ

ドメイン名は希望のものをあらかじめ考えておきましょう。

どんなブログにするのか決まっていないとむずかしいにゃ。

中の人
中の人

このブログは「ワードプレスに関する特化ブログにしよう」と決めていたので「wp-theme.online」にしました。

どんなジャンルのブログを作るか決めておくのはとても大事です。

ConoHa WINGパックの特徴

レンタルサーバーを利用するならConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WING エックスサーバーロリポップ!
月額料金(ベーシック)
3ヶ月契約
1,210円/月
(X10プラン)
3ヶ月契約
1,320円/月
(ハイスピード)
3ヶ月契約
1,100円 /月
初期費用無料3,300円
(無料キャンペーンあり)
無料
お試し期間なし/初月無料10日間お試し無料10日間お試し無料
容量SSD 300GBSSD 300GBSSD 320GB
LiteSpeed
転送量目安27.0TB/月無制限900GB/日
WordPress◎(超簡単)◯(簡単)
MySQL無制限無制限無制限
SSL
ドメイン永年無料2つキャンペーンありあり(条件あり)

ConoHa WINGサーバーがいろんなメリットを用意しているから、ConoHa以外にしちゃうといろいろ損しちゃうんですよね。

  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • 初期費用無料
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 申し込み月は無料(つまり初月に契約するとお得)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

》 レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

ConoHa WING

初心者に人気のレンタルサーバー

WordPressブログの始め方

わーぷれ
わーぷれ

WordPressブログを始めるならConoHa WINGがおすすめです。

中の人
中の人

当ブログもConoHa WINGSANGOテーマを使用しています。

SANGOテーマの評価
総合評価
 (4.5)
ブロックエディタの使いやすさ
 (4)
高速化設定
 (4)
Google広告設定のしやすさ
 (4)
開発頻度
 (5)
お得感
 (5)

ConoHa WINGの特徴とキャンペーン

  • 初期費用無料
  • 申し込み月は無料(つまり月初に契約するとお得)
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

WordPressの有料テーマ「SANGO」は、公式サイトから購入する方法と、レンタルサーバーConoHa WINGのオプションとして購入する方法の2種類があります。

SANGO公式サイトConoHa WINGで購入
11,000円(税込)9,900円(税込)1,100円お得
「BOOTH」pixiv IDが必要》ConoHa WINGで割引購入

レンタルサーバーConoHa WING キャンペーン詳細

WordPressが使いやすいレンタルサーバー ConoHa WING

  1. ConoHa WINGの評判|7つのメリットと他社にないキャンペーン
  2. 【10分で完了】ConoHaのWordPressかんたんセットアップでブログを始める手順
  3. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  4. ConoHa WINGの障害は多い?正直な感想とデメリット|よくあるエラー・障害
  5. ConoHa WINGパックを確実に解約できる手順をていねいに解説
  6. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ

WordPressテーマ SANGOの使い方

  1. SANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  5. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  6. 【ブログで月3万円稼ぐ】SANGOテーマを使ってを収益ブログを作った方法
  7. SANGO・AFFINGER・SWELLの比較レビュー |買うならこれ