人気テーマ TOP3にSANGOが!1位は?

ConoHa WING コノハウィングの評判レビュー

コノハウィングで始めるWordPress

  • WordPressが使えるレンタルサーバーを探している
  • レンタルサーバーの乗り換えを検討している
  • WordPressの運営・管理が簡単なサーバーを知りたい
  • 速いレンタルサーバーを知りたい
  • 独自ドメインも一緒に取れるサーバーがいい
  • ConoHa WINGの評判を知りたい
  • ConoHaサーバーは速いのか知りたい
  • デメリットがあれば知りたい

こんな人はこの記事を参考にしてください。

もくじ

ConoHaWINGコノハウィングWordPressワードプレスブログを始める方法

当ブログはConoHaWINGコノハウィングというレンタルサーバーを使っており、このブログのWordPressテーマもConoHa WINGを利用して割引で購入いたしました。

結果的には大満足です。

コノハウイングの使い方はこちら ConoHa WING(コノハウイング)の使い方

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

ConoHa WINGコノハウィングの評判・7つのメリット

ConoHa WINGの特徴
  1. 初心者でもWordPressを簡単にはじめられる
  2. WordPressの引っ越しが簡単、コピーも簡単
  3. 初期費用が無料
  4. 初月の利用料金が無料
  5. ページの表示速度が速い
  6. WordPress有料テーマを割引で購入できる
  7. 独自ドメインが2つまで無料
わーぷれ
わーぷれ

最近評判のConoHa WINGを使ってみました。
結論ですが、乗り換えてよかったと思います。

今までエックスサーバーやさくらインターネットやmixhostミックスホストも使ってみたことがあるのですが、管理画面がConoHa WINGの方が断然使いやすかったです。

使い始めるだけでWordPressが開設できているし、独自ドメインが永年無料・初期費用無料・月額料金が安い!など、初心者が使いたくなるサービス内容です。

ConoHa WINGが他のレンタルサーバーと大きく違うところは、WordPressのインストールやコピーや管理のしやすさが挙げられます。

コノハウイングなら初心者でも最短10分程度でWordPressブログを作ることができます。

登録時にWordPressブログも完成してしまうという、驚きの簡単さです。

初期費用無料永年無料ドメイン2つもらえるのも驚きです。

ConoHa WINGはメリットの多いレンタルサーバーなのでぜひ利用を検討してみてください。

ConoHa WING(コノハウイング)の割引やキャンペーンまとめ

ConoHa WINGコノハウィングパックとは?

「WINGパック」とは、レンタルサーバーConoHaの、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。

好きなレンタルサーバーのプランと独自ドメインを組み合わせて利用することができます。

ConoHa WINGコノハウィングサーバーが初心者におすすめの理由|永久無料ドメインが2つ

ConoHa WINGパックを使うと、永久無料ドメインが2つもらえます

独自ドメインは、普通に取得してしまうと、毎年更新費用が必要です。

通常更新料が毎年1500円〜ぐらいかかります。

10年使うと15,000円ほどお得になります。

ConoHa WINGを利用すれば、キャンペーンで取得した独自ドメインは今後いっさい費用が不要ということです。

初心者は更新料を支払い忘れてブログが消えてしまった!と焦ってしまうことはよくある話です。

独自ドメインが永年無料で使えることは大きなメリットです。

永年無料・独自ドメインのおすすめポイントとデメリット独自ドメイン永年無料が2つ取得できるレンタルサーバー ConoHa WING

初心者でもWordPressワードプレスのセットアップが簡単

ConoHa WINGはコントロールパネルが見やすくてわかりやすいので、初心者でも使いやすいのが特徴です。

レンタルサーバーによっては、コントロールパネルが専門用語・IT用語だらけで、見た瞬間に理解不能!思考停止!してしまうような、初心者には扱いがむずかしいレンタルサーバーがあります。

ConoHaの場合は、コントロールパネルが設定するジャンルにはっきり分けられているので、サーバーの設定で迷うことが少なくなります。

  • サイト管理
  • メール管理
  • サーバー管理
  • ドメイン
  • DNS

WordPress簡単セットアップで10分ほどでブログが完成

コノハウイングなら、永年無料ドメインの取得とレンタルサーバーの契約と同時にWordPressブログが出来上がります。

あっというまにあなたのワードプレスが完成します。

WordPressかんたんセットアップ【10分で完了】ConoHaWING(コノハウィング)でワードプレスブログを始める手順

WordPressの引っ越しが簡単、コピーも簡単

ConoHa WINGにはワンクリックでWordPressのデータを丸ごと移行できるツールがあります。

他社サーバーの移行も、WordPressのパスワードさえわかっていれば簡単に移行できます。

ConoHaサーバーに設置したWordPressデータも簡単にコピー可能です。

WordPressブログをリニューアル知る場合、直接行うとその間のブログは表示が崩れたりします。

簡単コピーでWordPressを複製してコピーしたブログをリニューアルして、完成したらそのWordPressを独自ドメインと紐付けて公開すればOK。

(具体的な方法は後日解説します)

初期費用が無料

ConoHa WINGは初期費用が無料です。

初月の利用料金が無料

ConoHa WINGは初月の利用料金が無料です。

月はじめのほうに契約したほうがお得に使うことができます。

ページの表示速度が速い

ConoHa サーバー速い

ConoHa WINGはサーバーの処理速度が速いと言われています。

実際に利用してみて検証したところ、他のサーバーよりも速い結果が出ました。

中の人
中の人

ConoHa WINGを使い始めた理由は「ブログの表示速度が爆速!」という口コミが気になっていたからでした。

実際に私が運営するブログ(このブログも含めて)どうなったのかというと、高速になりました。

ConoHaは速い
  • モバイル表示・PC表示ともに90スコア以上も可能
  • レンタルサーバーはConoHa WING
  • WordPressテーマはSANGOを使った結果です
》SANGOの価格・特徴|レンタルサーバーConoHa WING WordPress 高速化WordPressを高速化PSIスコア改善 アドセンス広告対策|速度計測を100点に近づける6つの対策

コノハウィングの料金|ConoHa WINGとエックスサーバーの料金比較

ConoHa WINGパックエックスサーバー
ベーシックX10プラン
年間使用料金 10,692円年間使用料金 13,200円

今まで数年間エックスサーバー を使っていました。

私がブログを開始した頃はConoHaレンタルサーバーのサービスは始まっていませんでした。

以前からブログを運営している人はエックスサーバーを使っている人が多いはずです。

今は、はじめてレンタルサーバーを使う人はConoHaを、エックスサーバー を使っていた人もConoHaを使う流れになっているようです。

これは実際に私が両方のサーバーを使って支払った料金です。

  • エックスサーバー X10プラン 年間使用料金 13,200円(初期費用別途3000円必要・初期費用無料キャンペーンもあり)
  • ConoHa WINGパック・ベーシック 年間使用料金 10,692円(初期費用無料・独自ドメイン永年無料)

エックスサーバーの年間使用料金(X10プラン)

ConoHaの新規契約と年間使用料金(WINGパック・べーシック)

ConoHa WINGコノハウィングの支払い方法

  1. クレジットカードによる自動支払い
  2. チャージ金額による前払い

ConoHa WINGの支払い方法は、登録したクレジットカードから自動で支払うことができます。

支払い忘れでサーバーが停止してしまう心配がありません。

あらかじめチャージしておく前払いもできます。

前払いチャージの場合、クレジットカード、Amazon Pay、コンビニ決済、銀行決済、Paypal、Alipayなどの支払い方法を選択できます。

ConoHa WINGの他社にないキャンペーン

ConoHa WINGには、他社にないキャンペーンがあります。

かなりお得なので見逃せません。

私は正直これ目当てでConoHa WINGを使い始めました。

  1. 人気のWordPressテーマを割引で購入できる
  2. 独自ドメインが2つまで永年無料

これからWordPressブログを始めたい人にとっては、非常にありがたいキャンペーンです。

ConoHa WING(コノハウイング)の割引やキャンペーンまとめ

WordPress有料テーマを割引で購入できる

このように、ConoHa WINGならコントロールパネルから人気のWordPress有料テーマを割引で購入できます。

  • SANGOサンゴ 11,000円→9,900円(税込)1,100円もお得!
  • JINジン 14,800円→14,250円(税込)
中の人
中の人

価格をできるだけおさえたい、高機能でおしゃれなWordPressテーマを選びたいなら「SANGO」がおすすめです。

SANGOテーマ メリット・デメリットWordPressテーマSANGOの評判レビュー ブログ初心者におすすめの理由

独自ドメインが2つまで無料

ConoHa WINGなら、独自ドメインが2つまで永年無料で使えます。

ほかのレンタルサーバーにはないサービスです。

永年無料・独自ドメインのおすすめポイントとデメリット独自ドメイン永年無料が2つ取得できるレンタルサーバー ConoHa WING

ConoHa WINGの不満だった点・デメリット

レンタルサーバーをはじめて使うならConoHa WINGが非常におすすめです!

でも少し気になることがあったのでまとめておきます。

  • 無料お試し期間がない
  • SSLが有効になる期間が長い(24時間程度)
  • レンタルサーバーの乗り換えの場合、トラブルが多かった(キャッシュやセキュリティーの問題で予想の範疇内)

お試し期間がないのがちょっと残念ですが、そのかわり、最大31日間利用料金が無料になるキャンペーンがあります。

レンタルサーバーの乗り換えの場合、ドメインも引っ越します。

その際にネックになるのがSSLの対応です。

ちなみにお名前.comで取得したドメインで、お名前.comはGMOが運営しています。

ConoHa WINGもGMOが運営しているのですが、それとは無関係でSSLの対応が遅かったです。

移行が遅いドメインは、だいたい24時間後にSSLが有効になりました。

今まで長年ドメインを運用してきて、移行にかかる時間が1時間程度のケースが多かったので、ちょっと不満な点です。

ConoHa WINGは障害が多い?

ConoHa WINGはメリットの多いレンタルサーバーですが、はじめて使った時にいくつかのトラブルがありました。

ConoHa WINGはセキュリティーが強く、エックスサーバーから乗り換えた後に、エラーが多発して少し戸惑いました。

だいたいはブログのキャッシュをクリア、ConoHa WINGサーバーのセキュリティーを解除することで、エラー回避できました。

すぐに対処できたので解決策をまとめました。

もしトラブルがあれば読んでください。

ConoHaサーバー デメリット・障害ConoHa WING コノハウイングのデメリット|障害は多い?よくあるエラーや障害

コノハサーバーの解約方法

ConoHa WINGパックの解約方法がややこしくて独特です。

知らないと「解約できないじゃん」ってなりますので、事前に確認しておきましょう。

ConoHaサーバー デメリット・障害ConoHa WING コノハウィングパックを確実に解約できる手順を解説

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

コノハウィングの使い方

1 2

ほかにもWordPressブログについてわからないことがあれば、次の記事も参考にしてください。

  1. 趣味ブログと収益ブログの違い、稼がないなら日記ブログもおすすめ
  2. ブログ作成はどこがいい?無料ブログサービスおすすめ
  3. 雑記ブログと特化ブログのどっちでも収益化可能なので説明する
  4. WordPressが使える無料レンタルサーバーのデメリットと利用方法

WordPressブログの始め方

  1. WordPressとは?費用や料金・無料で使う方法
  2. 永年無料ドメインが2つ取得できるレンタルサーバー
  3. レンタルサーバー比較 おすすめ5選〜選び方8つのポイント
  4. エックスサーバーとConoHa WINGの比較|両方使ってわかった違い
  5. 【10分で完了】ConoHaWINGでワードプレスブログを始める手順
  6. 【悩まない】SEOに適切なWordPressのカテゴリ設定方法
  7. ブログの配色は心理学で考えると悩まない|カラーコード付き
  8. WordPressを高速化|速度計測を100点に近づける6つの対策
  9. WordPressプラグイン無料で使えるおすすめ8つ

WordPressテーマ

  1. WordPressテーマ無料3選+有料3選【シンプルなデザイン】
  2. Cocoonの評判|ワードプレス初心者におすすめの無料テーマCocoon
  3. 有料テーマSWELLと無料テーマCocoonの違いを比較
  4. WordPressテーマが1万円以内で買える安いおすすめテーマ
  5. AFFINGER6評価レビュー|使った感想やAFFINGER5との違い
  6. SANGO・SWELL・AFFINGERの比較レビュー |買うならこれ

SANGOテーマの使い方

  1. WordPressブログの人気テーマ SANGOの評判レビュー|ブログ初心者におすすめ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  5. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  6. SANGOのボックスメニューの使い方|記事後のナビゲーションを充実させまくる
  7. WordPressテーマSANGOでサルワカ風トップページを作る

WordPressテーマ SWELLの使い方

ConoHa WINGの始め方

  1. コノハウィングの評判 7つのメリットと使い方|ConoHaWING
  2. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  3. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ
  4. ConoHa WING(コノハウイング)の障害は多い?よくあるエラーや障害
  5. ConoHa WING コノハウイングパックを確実に解約できる手順を解説

》 レンタルサーバーConoHa(詳細をみる)

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。