【2021年】人気WordPress 無料・有料テーマ比較

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーのデメリットと利用方法

レンタルサーバーの選び方

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

セルフバックでお得に商品やサービスも申し込める

\アフィリエイト広告を始めるなら/

A8.netに無料で登録

  • 無料でWordPressを始めてみたい
  • 無料でサーバーを使ってみたい
  • 無料でホームページを開設したい

こんな希望がある人は、この記事を参考にしてください。

無料でWordPressが使えるレンタルサーバー XFREE

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーXFREE

無料でレンタルサーバーが使えるなんてそんな都合のいい話・・・

あるんですね、実は。

エックスサーバーが提供している『XFREE』というサーバーです。

エックスサーバーが運営している無料サービスなので安心感もあります。

無料レンタルサーバー XFREEがおすすめな人

  • ホームページを試しに作ってみたい
  • PHPの練習を無料でしたい
  • ワードプレスが自分に使えるのか試してみたい

無料レンタルサーバーXFREE』は、ホームページ開設やPHP・MySQL・WordPressなどが広告表示なしで無料で使えます。

商用利用も可能で独自ドメインも利用できます。

勉強のためにテスト的に利用したい人におすすめです。

ですが、デメリットもあります。

無料レンタルサーバー XFREEのデメリット

わーぷれ
わーぷれ

無料で使えるけど面倒なこともあるにゃ

あくまでもお試しで使うといいにゃ

  • HTMLサーバー 広告なし
  • PHP 広告あり
  • WordPress 広告あり
  • 共有SSL不可
  • 利用期限あり
無料でWordPressが使えるレンタルサーバーXFREE

無料レンタルサーバーXFREEは無料で使えますが、利用期限というものがあります。

利用期限は3ヶ月で、2ヶ月前になると更新手続きをしなければいけません。

更新手続きをしないとサーバー利用が凍結されてしまいます。

せっかく作ったサイトがなくなってしまうデメリットがあります。

共有SSLが使えないのでセキュリティーを考えると本格的な利用はできないと考えた方がいいです。

WordPressブログを収益化を考えている人は、有料のレンタルサーバーを利用した方がよいでしょう。

レンタルサーバーやワードプレスの開設に不安がある人は、とりあえず練習用にWordPressを作ってみるのはいいかもしれません。

レンタルサーバーの選び方エックスサーバーとConoHa WINGの比較|両方使ってわかった違い

XFREEの登録手順

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーXFREE
  1. XFREE公式サイトにアクセス
  2. 登録申し込み
  3. メールを確認して本登録
  4. ログインして各種サービスの利用開始設定を行う

登録からサービスの利用開始自体は非常に簡単にできます。

まとめ 無料でWordPressが使えるレンタルサーバーのデメリットと利用方法

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーのデメリットと利用方法を紹介しました。

あくまでもお試しで利用することをおすすめします。

WordPressブログの始め方

わーぷれ
わーぷれ

WordPressブログを始めるならConoHa WINGがおすすめです。

中の人
中の人

当ブログもConoHa WINGSANGOテーマを使用しています。

SANGOテーマの評価
総合評価
 (4.5)
ブロックエディタの使いやすさ
 (4)
高速化設定
 (4)
Google広告設定のしやすさ
 (4)
開発頻度
 (5)
お得感
 (5)

ConoHa WINGの特徴とキャンペーン

  • 初期費用無料
  • 申し込み月は無料(つまり月初に契約するとお得)
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

WordPressの有料テーマ「SANGO」は、公式サイトから購入する方法と、レンタルサーバーConoHa WINGのオプションとして購入する方法の2種類があります。

SANGO公式サイトConoHa WINGで購入
11,000円(税込)9,900円(税込)1,100円お得
「BOOTH」pixiv IDが必要》ConoHa WINGで割引購入

レンタルサーバーConoHa WING キャンペーン詳細

WordPressが使いやすいレンタルサーバー ConoHa WING

  1. ConoHa WINGの評判|7つのメリットと他社にないキャンペーン
  2. 【10分で完了】ConoHaのWordPressかんたんセットアップでブログを始める手順
  3. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  4. ConoHa WINGの障害は多い?正直な感想とデメリット|よくあるエラー・障害
  5. ConoHa WINGパックを確実に解約できる手順をていねいに解説
  6. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ

WordPressテーマ SANGOの使い方

  1. SANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  5. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  6. 【ブログで月3万円稼ぐ】SANGOテーマを使ってを収益ブログを作った方法
  7. SANGO・AFFINGER・SWELLの比較レビュー |買うならこれ