【2021年】人気WordPress 無料・有料テーマ比較

WordPressプラグイン無料で使えるおすすめ8つ

WordPressプラグインおすすめ

\WordPressの運営におすすめの高速・簡単レンタルサーバー/

 人気ワードプレステーマSANGO・JIN割引で購入可能

レンタルサーバーConoHa(キャンペーン詳細)

セルフバックでお得に商品やサービスも申し込める

\アフィリエイト広告を始めるなら/

A8.netに無料で登録

  • プラグインって何?
  • おすすめのWordPressプラグインを知りたい
  • 無料で使えるプラグインがいい

こんな人はこの記事をぜひ参考にしてください。

プラグイン(PLUG-IN)とは

WordPressには機能を拡張することができる『プラグイン』というものがあります。

プラグインという英単語には「差し込み口」という意味があります。

ワードプレスの場合、WordPressに機能を増やすミニプログラムと思ってもらえればOKです。

プラグインのデメリット

WordPressプラグインは便利なので、ついつい沢山入れてしまいがちですが、沢山入れる事により他のプラグインと衝突して不具合が起きたり、WordPress自体が非常に重くなってしまうというデメリットもあります。

プラグインを使う目的をハッキリとさせて、不要なプラグインは使わない対策も必要です。

プラグインの不具合で起こってしまう原因のイメージは、同じ機能を違うプラグインで別の設定をしてしまうことで起こりやすいと考えてください。

例えばAのプラグインでは「右」と設定しているところを、別のプラグインでは「左」と設定しなってしまい、バグってしまいます。

あくまでもエラーのイメージとしての例ですが、不具合が起こればWordPressのパフォーマンスは悪くなります。

無意味なプラグインは削除してしまいましょう。

WordPress初心者におすすめの無料で使えるプラグイン8つ

WordPressのプラグインは無数にあると言ってもいいです。

多くのプログラマーが無料で公開しています。

そんな中で定番、かつ使えるプラグインを厳選して紹介します。

WordPress高速化無料プラグイン3つ

  1. EWWW Image Optimizer
  2. Lazy Load – Optimize Images
  3. Autoptimize

WordPress高速化で定番的なプラグインです。

全部使う必要はないので、目的に合わせてひとつずつプラグインをオンにしたりオフにしたりして、必要か不要かを見極めてください。

画像圧縮プラグイン EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、画像を圧縮してくれます。

画像フォーマットをWepPに変換することも自動でやってくれます。

WepPは次世代のネット画像フォーマットで高速で画像を読み込んでくれます。

これを使うだけでもWordPressのパフォーマンスは向上します。

設定方法はこちらを参考に。

WordPress 高速化WordPressを高速化|速度計測を100点に近づける6つの対策

読み込み遅延プラグイン Lazy Load – Optimize Images

Lazy Load – Optimize Imagesはサイト表示の読み込みをズラして、はじめのアクセス時の表示を高速化させるプラグインです。

画像や外部の読み込み(YouTubeやSNS挿入)を調整してくれるプラグインです。

これも使うか使わないかは実際に試して決めましょう。

読み込み遅延プラグイン Autoptimize

Autoptimizeは、画像、JavaScript、CSSの読み込みを調整してくれます。

画像は他のプラグインで設定しているので、JavaScriptとCSSの読み込みを調整すると良いでしょう。

使ってみて逆にパフォーマンスが下がるようなら使うのはやめておきましょう。

SANGOテーマの場合、使わない方がパフォーマンスが良い場合が多いです。

優秀な有料テーマはプラグインが少なくて済む点が大きなメリットです。

SANGOテーマ メリット・デメリットSANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ

アクセス解析系無料プラグイン

  1. Aurora Heatmap

ブログの記事の内容でクリックされている部分を計測・記録してくれます。

ブログを解析したい場合に使うのはおすすめです。

私の場合、ある程度ブログの解析が済んでコンテンツを改良できたら、サクッとプラグイン停止して削除しています。

サイトマッププラグイン

  1. XML Sitemaps

WordPressにサイトマップを配信する機能がデフォルトで追加されましたが、まだまだ十分に使えるレベルとは言い難く、定番のプラグインXML Sitemapsを使っています。

無料のアクセス解析ツールのGoogleサーチコンソールとの相性もいいです。

目次プラグイン

  1. Easy Table of Contents

WordPressの記事に目次を表示させるプラグイン。

PCで見た時にサイドバーに追尾する目次を出す場合にも必要です。

SANGOテーマと相性抜群です。

他の有料テーマでは専用プラグインやデフォルトで目次が出るものもあり不要な場合もあります。

SWELLテーマ 比較SANGO・SWELL・AFFINGERの比較レビュー |買うならこれ

物販系プラグイン

  1. Pochipp

Amazonや楽天のアフィリエイトリンクを貼るのに無料で使えるPochippというプラグイン。

サクサクと通販商品を掲載してくれます。

有料版もありますがとりあえず無料でOKです。

メールフォームプラグイン Contact Form7

  1. Contact Form 7

メールフォームの定番プラグインです。

自動返信機能もあり便利です。

まとめ WordPressプラグイン無料で使えるおすすめ8つ

最低限知っておきたい使えるWordPressプラグインを紹介しました。

重複しますが、試して使ってみて効果的なら継続して使って、不要ならば削除しておきましょう。

WordPressのパフォーマンスを上げてあなたのWordPressをベストな形にチューンナップしましょう。

WordPressとは?費用や料金・無料で使う方法

WordPressブログの始め方

わーぷれ
わーぷれ

WordPressブログを始めるならConoHa WINGがおすすめです。

中の人
中の人

当ブログもConoHa WINGSANGOテーマを使用しています。

SANGOテーマの評価
総合評価
 (4.5)
ブロックエディタの使いやすさ
 (4)
高速化設定
 (4)
Google広告設定のしやすさ
 (4)
開発頻度
 (5)
お得感
 (5)

ConoHa WINGの特徴とキャンペーン

  • 初期費用無料
  • 申し込み月は無料(つまり月初に契約するとお得)
  • 独自ドメイン が2つ、永年無料
  • サーバーと独自ドメインがセットで利用できる
  • プランはベーシックがオススメ(SSD300GB・転送量目安27.0TB/月・ドメイン無制限・データベース無制限)
  • 最低3ヶ月プランから(月額1210円・税込)
  • ベーシック1年プランは月額931円(税込)
  • 人気の有料テーマが割引で買える SANGOは9,900円(税込)1,100円お得

WordPressの有料テーマ「SANGO」は、公式サイトから購入する方法と、レンタルサーバーConoHa WINGのオプションとして購入する方法の2種類があります。

SANGO公式サイトConoHa WINGで購入
11,000円(税込)9,900円(税込)1,100円お得
「BOOTH」pixiv IDが必要》ConoHa WINGで割引購入

レンタルサーバーConoHa WING キャンペーン詳細

WordPressが使いやすいレンタルサーバー ConoHa WING

  1. ConoHa WINGの評判|7つのメリットと他社にないキャンペーン
  2. 【10分で完了】ConoHaのWordPressかんたんセットアップでブログを始める手順
  3. ConoHaサーバーの料金 WINGパックと通常プランの違い
  4. ConoHa WINGの障害は多い?正直な感想とデメリット|よくあるエラー・障害
  5. ConoHa WINGパックを確実に解約できる手順をていねいに解説
  6. ConoHa WINGの割引やキャンペーンまとめ

WordPressテーマ SANGOの使い方

  1. SANGOテーマの評判レビュー|初心者におすすめのWordPress有料テーマ
  2. SANGO Gutenbergの使い方・ブロックエディタ機能のサンプル
  3. SANGOテーマのおすすめの使い方|ブログジャンルの選び方
  4. SANGOコンテンツブロックの使い方|カテゴリごとに表示を切り替える
  5. SANGOテーマの非公式カスタマイズガイド・使い方まとめ
  6. 【ブログで月3万円稼ぐ】SANGOテーマを使ってを収益ブログを作った方法
  7. SANGO・AFFINGER・SWELLの比較レビュー |買うならこれ